人生探して三千里

ネタバレありの乙女ゲーム感想置き場。人生探して東西南北

ときめきサイボーグ 弥島裕介の場合 天涯 感想

※あくまで個人の感想です。

スマホで投稿しているためか、文字が勝手に大きくなったり小さくなったりしています。読みづらくて申し訳ないです。

 

次男クリアしました。

なんというか……ギャグでしたね……

クリアし終わった直後の感想は

「なんだこりゃ」です。

 

 

裕介氏の√を一言で表現するなら

「弥島裕介にひたすら振り回される√」です。

この√の天涯における立ち位置はなんでしょうね……

 

裕介√は政治や真相よりも「ときめきサイボーグ 弥島裕介の恋愛事情」がメインです。

突拍子のない、思わせぶりな裕介氏の行動にひたすら振り回されるりっちゃんと、超☆恋愛初心者の28歳児の暴走と初恋をひたすら追っていく√。

乙女ゲームなので恋愛メインなのは普通のことなんですが、恋愛以外をあっさり書きすぎて、それにしたってどうなんだと?と思いました。

 

不満点はこんな感じ

●裕介氏は「内調(スパイ)」という政治に関わる仕事なので、終盤に起きる事件についてもっと政治的な方面で掘り下げがあるかと思ったら全くない。

●裕介氏の仕事もふんわりで終わる。もっとカッコいい裕介を見せてくれよ!

●りっちゃんのお仕事と恋愛をどう両立させるのかな?って思ったら結構あっさり。というか仕事について薄い描写

●年で起きるイベントは大体同じなので1週目で大体わかってしまい、何が起きても知ってるんだけど……って感じに冷めてしまう。

 

自分は幸介さんの直後にプレイしましたが物足りなさを感じました。裕介さんの職業上、シリアスで重めなシナリオを期待していましたが蓋を開けたらラブコメ。それはいいんですが、ラブコメばかりなのが少し残念でした。

また、幸介さんは「弥島」での日常や問題についてがメインでしたが、裕介さんは何がメインなのかさっぱり分からなかったです。

やっぱ…ときめきサイボーグ弥島裕介のはじめての恋?

 

これは個人的な感想ですが

イベントとシナリオが結びついてないというか、話のつながりが不自然?っぽく感じました。一個一個のイベントはいいんですけど、全体の流れがイマイチで、噛み合ってないというか…頭に入ってきませんでした。

幸介√はそんなこと感じなかったんですが、1週めだったからかもしれません。

また、幸介√は仕事と恋愛のバランス、シリアスほのぼのギャグのバランスが取れていたんですが、裕介√はあまり取れていないと感じました。

ずっと恋愛、面白い28歳児のすったもんだを追いかけてギャグ続き。そこで唐突なシリアスを打ち込まれても不自然だし、頭に入らない。何よりプレイヤーである私の心がついていきませんでした。

 

個人的に裕介√はあまり重要性や謎を感じなかったので、幸介さんと同じく最初にやった方がいい√だと思います。

公式から出されている3つの攻略順の中のうちの、真相を早く知りたい方向けの

幸介→裕介→恭介→俊介→惣介 でプレイしていますが、

どうなんでしょうね……本当に真相早く知れるの???

現時点で明かされるものが少なすぎて、そもそも真相って何?って感じです。

あと裕介√は三男である惣介さんが輝く√でした。

また、幸介√プレイ直後だったので幸介さんってこんなに冷静だったっけって困惑しました。

 

評価 

シナリオ ☆2

恋愛☆3

スチル☆5

糖度☆4

 

辛口で書きます。

まず、まっっっったく感情移入できませんでした。笑えるけど話の出来としてはあまり良くないなというのが素直な感想です。恋愛、政治、仕事どれをとっても中途半端で勿体ない。

 

①恋愛

自分の感情に疎く、初恋28歳児 裕介氏×恋愛初心者の田舎娘という図は好きです。裕介氏は女性をまともに愛したことがなく、仕事のことしか興味のない人間なので突拍子もない行動をとりますがウケるし、可愛いんで受け入れることができました。

でも、どれだけ糖度の高い出来事があっても肝心の二人の気持ちが向き合ってないから、受け入れることはできても燃えないんですよね。好意や心の触れ合いがあってこそ恋愛イベントは興奮するんですけど、この二人は心の動きがわかりづらい。

裕介氏が思わせぶりな突拍子も無い行動する→りっちゃん困惑→裕介も俺の気持ちがわからんと困惑でも迫る  が基本のパターンですね。

りっちゃんは裕介氏のどこに惚れたんや。わかるけどわかりづらいというか…とにかく恋愛過程が分かりづらいです。

あとラストが唐突&裕介が恋愛脳( 笑 )で……

 

この√では裕介が朴念仁のポンコツすぎるためにめちゃめちゃ次郎さんが出てきて裕介さんの尻を蹴りまくります。個人的に次郎さんは大好きなんですが、やることのレベルが低く、ホテル騒動の時は若干ガッカリ……この√ではいらないように感じました。

次郎さん以外にも登場人物がみんな協力的で相談シーンが多いんですが、そこもシナリオが締まらない理由な気がします。

 

②政治

幸介さんを攻略した時に政治要素が入ってくるので驚きましたが、別に幸介さんが特別なわけではなく、これは天涯全√に関わって来るんだと裕介氏を攻略してわかりました。

「弥島裕介」という人間は内調の職についており、最も政治に近い人間であるのにその設定をシナリオに生かさず、恋愛初心者ゆーすけくんメインの√にしてしまってることが残念でなりませんというのが率直な感想です。

裕介氏の仕事もちょっと変装☆侵入!街でウロウロくらいにしか書かれず掘り下げが足りない!さらに言えば裕介の仕事は、二人が結婚できない理由程度にしか扱われないし、仕事能力を活かして裕介氏が活躍することも少ないために裕介をなぜこの設定にしたのか謎です。

ただニニ六時間の時に帰ってくる裕介氏はハチャメチャかっこよかった◎

 

③仕事

「賭け」や店主の仕事について本当にあっさりすぎて拍子抜けしました。個人的に幸介さん√のラストのイベントが好きだったのでそこを台無しにされたのが残念でした。

 

ときめくかどうかは別にして糖度は高いです。

幸介さんがキス1回だったのに対して3回あります!あまーい!

スチルは美麗すぎて最高です流石ユウヤさん

弥島裕介……顔がいい……!

 

天涯は一年間のシナリオですが、裕介氏√は個別に入っても個別感が全然しませんでした。天涯って一年で起きる重要な出来事が共通なんですよね……

でも同じイベントでも、違うキャラなんだから別の方向からアプローチするんだろう!と思ったらそんなこともない。

 

恋愛に関してもそう。

恋愛の進み方は全く違いますが、すれ違う理由もなんとなーく似たような感じなんですよね。ラストはみんな同じ展開疑惑が出てきています。

 

私がスキップしまくってたのも感情移入できなかった理由になると思いますが、やはり期待外れ感が少し。

まだ2週目なのでこれからに期待です。

 

まとめ

面白いし、美味しい設定である。

けどそれを活かせてないし、話としての出来はよくない。雑。

甘さはあるけど燃えはせず。

 

まぁ色々とそれらしく書きましたが、結論を言うと

私には合いませんでした(完)

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレです

 

こっからは文句ですね

まず最初に、

どうして幸介さん√のあのラストを台無しにするシナリオにしたの!??????しかも幸介さんが店主になる理由もアホすぎ、キャラを馬鹿にしてるのか。

「りつ子がダメダメすぎてフォローしたりなんだりしてるうちに愛着が湧いた」ってどうなのよ〜〜それ〜

そしてりつ子が悪役になるのも構わずに、津村のジジイに頼み込んで「弥島」と幸介さんを復活させたあのラストを次郎さんが掻っ攫っていく………

幸介さん、「弥島」、実家という問題がある限り、二人が結婚できないのはしょうがない。その解決方法があまりにも雑すぎる。

あんまりにも裕介が有能なんでさらりと解決しちゃうけど、他の√を台無しにするようなシナリオは普通にダメでしょ。ライターの力量が足りてないなと思います。

幸介さん√とやることは違っても全体の流れ大体同じに感じたのは何故?

 

ぶっちゃけ2・26事件のところはもう少し別の書き方が出来ただろうと思います。

12月に一回りつ子を追い出すところマジで謎。いや、気持ちはわかるんだけど話の流れが不自然すぎる。戻ってくるんかーい!賭けもなんとかなるんかーい!

 

この√いいところも結構ありましたが、同じくらい薄くもあって恋愛イベント以外全く頭に入ってこないんですよね。

天涯は攻略対象のうち4人が働いてますし、主人公も働いてます。「働く」ってことはこのゲームの中で物凄く重要なことなのに、裕介さんはそこが薄い!

もっと仕事に対する気持ちや、これから何が起きるのか知っているのに守ることのできない葛藤を書いて欲しかった!ていうか何で書かない。

恋愛初心者、ポンコツ、無関心で傍観者、無愛想で顔が怖い、でも実は結構助けてくれる、やるときはやる男で裕介さんよかったです。

でもそれ以外の裕介さんがよくわからず裕介さんへの感情移入ができませんでした。りっちゃんへの気持ちもぶっちゃけよくわからない。

この人はりつ子に一目惚れしてるんです!だけで説明を終わらせて恋愛を進めないで欲しいんだよなぁ……だから肝心の恋愛イベントもシチュエーションとしては魅力的だけど薄い。

だから裕介さんがりっちゃんに「好き」「愛してる」って言われても薄っぺらくて興奮できねー

あと本当にりっちゃんの仕事、裕介さんの仕事、恋愛のバランスが悪い。

 

あとは天涯プレイして思うのは二人をすれ違わせるために情緒不安定にするのはやめて欲しいってことですかね。

勝手にキレる男、情緒不安定で直ぐに落ち込むりつ子。負のスパイラルやんけ。

あと大体二人がきちんと気持ちや自分たちの抱える問題について話合わないのが原因ですれ違う。

素材は最高なのに本当にもったいない√だとつくづく思います。

 

キャラ感想

弥島 裕介さん

「ときめきサイボーグ 弥島裕介」

「ジェットコースターラブ 弥島裕介の事情」

ってTwitterで呟いたんですが、我ながらぴったりじゃないですか?

裕介さんの第一印象は人間味がねぇなです。

 

弥島裕介さん。

ご兄弟の中でも二番目に変な人です。

人の心、自分の心にも疎く。自分の心が動く度に困惑してしまうってあなたはどうやって28年間生きてきたんでしょうか。

生まれた瞬間からあなたはサイボーグだったのですか?

というか弥島家ってどんな教育してたの??????家庭崩壊してるし、人格に問題ある男多スギィ!

この28歳児のヤバイところ

・28歳になって初恋

・りっちゃんと話しててドキドキするのを病気だと勘違い

・28歳にもなってキス未経験

    キスは本当に好きになった女のためにとっておいてる(高校の時の約束を律儀に守る)

・28歳にしてはじめての嫉妬。嫉妬してる自分に困惑する

     ヤキモチをやいてやることが「りっちゃんを無視する 」

     幸介さんといいこの家の男は子ども過ぎないカ?

・恐るべき実行力

     自分が惚れてることを確かめるために好きな女の気持ちを無視してキスを迫ったりする。

・絶対結婚するマン

     りっちゃんの気持ちや状況を考えず囲い込む(自覚なし)

・人の気持ちを考えない

     だってサイボーグだからね

・好きじゃないといいつつ明らかに「好き」な態度をとる

  キスを迫る、壁ドン、距離が近い

(祐介氏は恋愛に関しては28歳児です。恋愛赤ちゃん。恋愛ベイビィ。)

 

こうして改めて書き出すとこの人面白サイボーグだなって。

こんな風にやばい弥島裕介 氏の言動に、プレイヤー(私)、りっちゃん、二人の周りの人全員困惑してるのが面白かったです。彼は台風みたいな男ですね。

そして困惑すると同時に、二人の恋愛の進展の遅さにみんながヤキモキ。裕介 氏の初心者っぷりにみんな世話を焼く。

みんな協力的なのが面白いです。いつの時代も「恋」がみんな好きねぇ。

 

個人的に好きなのは、福引で自転車当てた裕介氏が、りっちゃんと二人乗りしながら商店街を爆走するイベントです。

すごいステキなイベントなんですけど面白すぎて笑いました。

 

そして次にこれを言いたいんですけど、

弥島家の男ロクに恋愛してない男が多すぎじゃない???

クソモテるから、付き合ったり体の経験はあるけど人を真剣に好きになったことのない恋愛初心者って何?2次元ですね。

裕介氏 これが初恋

裕介氏、圧倒的 精神的童貞

(童貞の方を馬鹿にする気はないです)

プレイしてる間に小学生かな?って何回突っ込んだかわかりません。

 

恋愛赤ちゃん28歳児

はじめての恋、はじめて愛した女。

仕事以外に興味のなかった変人がはじめて誰かに興味を抱いて……ってロマンですね。初恋で一目惚れ、だけど自覚はない。好きじゃないと言ってるけど、体は好いた人を探してしまう。

心が体についていかないから、もう何が何だかわからい。でも、とにかくアタックアタック!でもやっぱり自覚はない。

ほんとタチ悪いですよね〜〜〜!!!

あと裕介さんのヤバイところは実行!実行!実行!の面だと思います………仮にも兄の婚約者にキス迫ったりする!???

相手の立場を考えず御構い無しで欲望のまま行動するって最悪ですけど強みの一つですね。最低ですけど!

強引な恋って公式が言ってますけど強引ってモンじゃねーぞ!

恋は盲目と言いますがまさに裕介氏はそれですね。

 

でも、りっちゃんにプレゼントしたがりなとこは好きです。

可愛いですよね。浴衣を作る時のやつ意味わかってないのに送りたがるところ可愛いし、銀座祭りらへんマフラーとか思いやりの塊ですし、福引イベントとかは好きな人に喜んでもらえてて嬉しい!って喜んでるし可愛い。

純粋で素直だよねこの人結構。やっぱ赤ちゃんですよ。

 

ぶっちゃけ内調って言うからシリアスな恋愛模様やシナリオを期待してたんですが、蓋を開けたら超!ラブコメでずっと笑ってました。

裕介√はギャグ。

特に笑ったのはラッキースケベイベントです!

三男である惣介マジで好きです。

 

私のクリア直後のツイート

 

まさにこれですよね。

迎えに行ってから完全に裕介さんは浮かれポンチ

人間味のない仕事人間が嫁大好き旦那に変わってるのがウケます。

なんでしょうね、まぁ面白かったんですけど。

シナリオは好きではないけど裕介さんは面白いし、いい人だし、平等で好きです。

幸せになれよ。

あんまり人前でキスすんなよ。

 

あとこれは二人の男、りっちゃんに言えることですけど、自分の気持ちを素直に話せ!何で相談しないの!自分で決めない!恋は一人じゃできないんだから!!ばか!

ですね。

 

最後が適当な感想になって申し訳ありません。

以上です。

 

 

弥島幸介さんは面倒くさい 天涯 長男感想

※思い返したら腹が立って来たので一部書き直しています

 

楽しみにしてた天涯を購入いたしました!

忙しかったため、ブログの更新がかなり久しぶりになってしまいこのブログの存在理由を考えてしまいます。

 

それはさておき、

天涯は当初、積みゲーにする予定だったのですが、某通販サイトのレビューでボロクソ書かれてたのでコリャプレイするしかない!

と届いたその日に長男を攻略いたしました!

ゲームの感想は記憶が新鮮なうちに書くべし!ということで更新です。

 

実際に一周プレイしてみましたが、

指摘されてることは事実ではあるけれど私は普通に楽しめたし、ボロクソに書くほどではない。

主人公に対して厳しい評価が多いですが、その置かれた状況や年齢を考えれば無理もないだろう。

また、天涯は乙女ゲームとしてはなく、

「昭和田舎JKのハード上京お仕事体験記」としてプレイしたほうがいい。

という感じです。

全体については全√プレイしてからにして、今回は長男について書きます。

 

ズバリ、幸介√は「天涯ニ舞ウ、粋ナ花入門編」だと思います。

高木Dが出していた、3つの攻略順の中2つで幸介さんが一番なのも納得の√でした。

割烹「弥島」での生活を中心に、「弥島」・弥島家の問題、このゲームの世界観、謎をだいたい把握する√と言った感じです。

割烹「弥島」で店主としてのりつがメインであり、ある意味一番ノーマルな√だと思いました。

りつが「弥島」に留まる理由になった、りつと幸介の「賭け」とその勝負が描かれる√であり、共通からの流れが一番自然なのかなぁ?

幸介がパッケージ(メイン)として書かれるのも納得でした。高木Dが言っていた通り、設定的に幸介さんはメインですね。

個人的には最初の方にプレイすることをお勧めします。

 

√評価

シナリオ ☆3

恋愛☆3

スチル ☆5

糖度☆2

 

シナリオはやはり入門編という感じで濃密ではないなと感じました。どちらかといえばあっさり目です。「弥島」での日常がメインなのでシンプルな√だと思います。

この√では、店主としての仕事、責務、賭け、覚悟、「弥島」への想いが大事になってきます。しかし、そんな√のくせに肝心のりっちゃんが店主として成長してるところがない。ずっとお飾り店主のままなのが残念です……何故………

何故、こんなに美味い設定なのに……ライターの力量が本当に足りてなくて勿体ない√でもありました……

時代が時代なので政治がシナリオに絡んできます。それに関して事件が起きますが、いきなりだったので驚きました…

盛り上がるのはやはり終盤、二人が想いを通じ合ってからが本番です。

恋愛に関しては若干恋愛過程がわかりずらかったかもしれないです。好きになるのはわかるけど納得がいかないと言った感じ。

あと、幸介さんが怒鳴る→優しくなる

っていう展開が多くてこの人情緒不安定なDV男みたいだと思いました。

ぶっちゃけすぐキレるところが全然好きになれず、S系は苦手だし、共通での印象が強すぎてcp燃えできたのは想いが通じあってからでした。燃えは少なかったです。

 

スチルは文句なし。

糖度はCERO Bですのでキスまで。シナリオの都合上、恋愛より働くことがメインな上にすれ違いも多いためあまり甘くはないかなーと

 

私が平川大輔さんが大好きってところもあって評価が甘めになってしまうのはどうしようもないんですが、序盤がきつかったし、ツッコミどころは結構あったけどそれなりに楽しめた√だった気がします。

ですが、最終的にはそれなりに楽しめましたけれどぶっちゃけ幸介さんに怒鳴られたり、キレられるのが多すぎて途中まで全然楽しめませんでした。

冒頭にも書いた通り幸介さん滅茶滅茶情緒不安定でめっちゃキレるんですよ。で、その後「すまなかった」って感じで優しくされるんです。

いや、りつ子それ典型的なDV野郎じゃねーか

いやぁ……燃えませんでしたね。

後半幸介さんがりっちゃんに矢印をそこそこ向けて来て、私もこの野郎は三十路のクソツンデレ面倒男だと受け入れられてから楽しくなってきた記憶があります。

 

とにかく平川さんの怒鳴り声がキツくて辛いんですよ……

男性の怒鳴り声が純粋に怖いってのもあるんですが、平川さんの怒鳴り声って悲鳴みたいで聞いてると苦しくなるんですよね……

ご本人がとても穏やかな方なので余計に苦しくなります。

 

 

 

以下ネタバレ

 

 

なんでしょう。

弥島幸介さんを一言で表すなら、「ストイックツンデレ小姑」でしょうか。

すぐ不機嫌になるし、素直じゃなさすぎて面倒くさい。もーほんと面倒くさい。攻略対象の中で一番年上のくせに一番子供っぽいんじゃないですかね?

あと理不尽にキレるのをやめてほしいです。

まぁ、こんな感じでとにかく面倒くさいお兄さんです。

 

急に家の問題に巻き込まれたりっちゃんに対する思いやりはないし、不快感丸出しの冷たすぎる態度。言い方はキッツイし、一回り下の女の子に八つ当たりはしてくるしよぉ。

序盤は幸介さんに対してヘイト溜まっててやばかったですね。怒ってるか、呆れてるか、皮肉言ってるしかない嫌な男〜って( 笑 )

途中、「りっちゃんこんな男やめて恭介さんか次郎さんと結婚しなよ」って何回言ったかわかりません。

 

でもその当たりのキツさも納得できる部分もありまして、

幸介さんはホテル経営という夢があったけれど、自分は長男であるし父親が倒れたためにその「夢」を捨てて3年間「弥島」で働いてきた。

そしてさらに、「弥島」の土地を使ってホテルを建てようと思っていた所に対抗した父親が、長男の務めとして3年間働いてきてやった自分ではなく、田舎からやってきた見ず知らずの小娘に権利書を譲ってしまう。また「夢」が遠ざかる。

二回夢を奪われてるんですよ。

幸介さんは他人に自分の人生を弄られるのが嫌いなので本当に腹が立ったでしょうね。

また自分の土俵に部外者が土足で入って来たら誰だってムカつくでしょう。

だからと言って叱るか皮肉を言うかしか無いあの態度は大人気ないと思いますが。

兄弟の中で一番性格悪いのは五男の俊介ですが、一番あたりがキツイのは幸介さんだと思いました。

 

あとはりっちゃん自身の問題かな。

りっちゃんの姿勢はお世辞にもいいものと言えないから……

まず学ぼうという気持ちがない、調べたり聞いたりしない。何も知識がないくせに自分一人で解決しようとして周りを頼らない。結果何も出来ないまま本番を迎え、痛い目を見る。

劇中でも怒られてましたね。

(これは周りが頼ったらブチ切れそうな奴らばっかりだったというのが悪い気もします。あと調べたら店主の仕事のマニュアルが出てくるわけでもないし…)

とにかく学ぶ姿勢を見せるって大事なことだと思います。りっちゃんはそこを幸介さんに見せていたかなぁって。

幸介さんは実力で一流ホテルの副支配人まで上り詰めたプロですし、嫌々ですが「弥島」で3年間店主代理としてそれなりの意地や覚悟を持って働いてきたわけです。

そんな人から見たら、りっちゃんみたいな甘ちゃんは不快なんでしょうね。

でもだからってひどいこと言っていい理由にはならないです。幸介さんは教育者としては最低です。りっちゃんはズブの素人なので教える必要があります。できなくて当然だわ!

まず教える必要があるのに失敗した後に怒ったって意味ないでしょ。見て盗めって無理ゲー。

出来ない時はいつも叱ってばかりで、どう直せばいいか、どこが悪いか問題点を指摘しないんですよね。これ最低の叱り方ですよ。

私は後輩に注意する時は、何がどうしてダメだったのか理由と改善方法を必ず言いますからね。

あと叱って伸びる人なんか滅多にいないんだよ💢💢

あんだけ昔の職場の後輩に慕われてたってことは私が言ってることを幸介さんはできるはずだと思うんですけど!りつ子は別ってか?

そこは私情が混じるんかい。大人気ないわー

 

まーでもある意味公平な人でもあるのかなと。あくまで店主としての働きぶりと姿勢や覚悟にキレてますからね(私情は混じるけど)

仕事人としてのプライドが高い人は好きです。

働き始めてからは時々、りつちゃんが本当に追い詰められた時は慰めて(?)くれたり、認めてくれるような態度をとったりしてくれる……?覚悟を見せればそれなりに応えてはくれるし、仲良くなるときちんとフォローしてくれたりして優しい…?し……?

一度懐に入ってしまえば結構甘いタイプだなって思います。

内藤様っていう出来たお方と友人なくらいなのでキツくて嫌な男だけではないです。たぶん!

 

でもりっちゃんの気持ちを理解してあげる、汲んであげるってことが全く出来てないので、りっちゃんは幸介さんと結婚しちゃダメ。

りつ子が許しても俺は共通のりっちゃんへの仕打ちを忘れないからな……

 

恋愛面では自分勝手で本当素直じゃなさすぎて面倒でしたね〜〜

30のそれなりに経験してきてるであろう大人の男性がなんで17の小娘にこんなに大人気なく当たるんだと。

ひと回り下の男子高校生に焼きもちを焼いて喧嘩する。過去の話を聞かれて喧嘩する。ずっと好きって言わないし…

幸介さんの基本パターン    キレるキレるキレる、そして無視。

子どもかな?

彼には大人の余裕ってものが一切ありません。

 

銀座祭りでりっちゃんが幸介さんの過去の恋愛について聞かれてキレるイベントにはドン引きしました。

「折角祭りに連れてってやったのにお前の下らない嫉妬で台無しにされたのが腹たった(意訳)」とか自分勝手すぎませんか?キレた後は恋人を銀座に置き去りにする三十路。正直ドン引きです。

その後幸介さんが謝ってくれるんですけど、幸介さんがいうには自分がキレるのは「全部お前(りつ子)が悪い」らしんですよ。

オメーはりつ子をなんだと思ってんだ、りつ子はこんな男やめろ!!!!!!!!!!!!

このイベント幸介さんの自分勝手さと面倒くささが凝縮されていますよね。こんな男を好きなりつ子もときめいちゃうプレイヤーも心が広すぎて心配になります。

 

あとはですね縁談イベントの

「お前を辞めさせるのは私だ」

ってやばくないですか?独占欲が強いって言ってましたけどそんなもんじゃないですよ。結構支配的でこの人Sですよね。

でも縁談を受けるって言ってりっちゃんを傷つけ振り回して、断った後もこんなこと言って抱きしめちゃっても幸介さんは好きって全然言わないんです。

どう見ても好きなのに好きって言わないし、でも結婚しようとは言うんだよなぁ。

なんなんだろうね。

 

プレイしてみて思ったのは幸介さんって結構アンバランスってことでした。

表面的には冷静で冷酷ですが実際は、

・普段は冷静だけど実は物凄く感情的で胸にいろんな感情を秘めてる。熱くなると自分を制御できない。

・支配的   思い通りにいかないとキレる

・情緒不安定

  地雷を踏むと爆発してキレるのがめちゃめちゃ怖い激情型。

・余裕はなく、プライド高し。子供っぽい。

・人(恋人)の気持ちは汲み取れない。

って他にも色々あるけど本当に面倒な人です。

そしてそれに自分でも気づいている……?っぽい。

けど、直さない。タチが悪いです。そのアンバランスなところのせいでりっちゃんは振り回されるんですよ!わかってるんすかね。

まー幸介さんは30歳で世間的に見れば立派な大人ですけど、30歳って実はそんなに大人じゃないし、そもそも誰かを想うってことが始めてなんでしょうね。

それにしたって大人気なさすぎだし、人格に問題がある気がします。

 

ライターさんとしては年上S男を描きたかったんでしょうけど、幸介さんのアンバランスさと感情の動きがおかしすぎて情緒不安定に感じます。

あとこの兄弟まともに人を愛したことない男多すぎない?????????

 

でも最終的には、このクソ面倒ツンデレ三十路男はどうしようもない自己中で自分勝手だけど、りっちゃんをどうしようもなく求めてるんだ……と考えたら可愛く見えてきました。

具体的には12月くらいから?……やっぱ攻略対象からの矢印がないと性格クソ野郎は愛せません。

でも!この二人全く進展しないんですよね。

一歩進んだらどちらかが一歩下がって…の繰り返しで、

幸介さんもりっちゃんも情緒不安定で、どちらもそれをフォローできてないので何回おんなじような流れですれ違う。大体幸介さんがキレて、りっちゃんがひたすら落ち込んで……みたいな。

いや〜〜りつ子マジでそんな男やめろや。

まぁこんな風に散々言ってますけど何だかんだ幸介さんのことは憎めないです……

 

disってばっかりなのでいいところも書きます。

やっぱりこの√の良いところは幸介さんが何回も迎えに来てくれるところですね!

ただし時間が経った後で( 笑 )!

面倒な二人ですよね。喧嘩しても離れても理由がなきゃ会えない話せない。お互い好き合ってるんだけど…できない。

可愛い二人ですよね似た者同士で

だからこそラストの「何回でも迎えに行くさ」が輝きました……

「私にはお前しかいないのだから」→おせーよ( 笑 )

 

ただそんな素敵な「お迎え」イベントでも、お母さんが倒れて実家に戻るイベントはツッコミどころが多すぎてですね……

危篤だからって飛び出して来たのに母は無事だったって「弥島」に報告しなさいな!あとなんでりつ子は連絡待ってるだけなの?母の無事を連絡するっていうのを理由にして電話かければいいじゃない。

「絶対帰らない」っていう賭けの条件を破った自分にはそんな権利ないかもしれない…って言ってるけど、親が危篤だったら普通にいいでしょ。あと幸介さんも流石にそこまで人でなしじゃないと思うよ……

 

なんでしょうねぇ。二人がすれ違うのはとにかくお互いの気持ちだったり悩みや状況を話さないのが原因な気がします。

あと幸介さんの思いやりのなさ!

 

幸介√で一番好きなところは、

2・26事件後に三夫さんの逮捕と「弥島」が破壊された後に、意志を失ってしまった幸介さんのためにりっちゃんが悪役になる場面です。

逆の男側がやるのは見てきましたが、乙女ゲームで女側がやるのは初めて見ました。

好きな男のためなら嫌われても構わない、全て捨てたって構わない。なんてこの子はいい女なんだろうって思ってしまいました。

幸介さんが以前言っていたように、彼は周りときっかけがないと動けない人だから。だから自分がそのきっかけとなる。二人がどれくらい傷付くかわかった上で……

そしてそれに気づかないのは恋しい男だけ。切ないっすね……知った後もきっかけがなくて会いに行かない。可愛い二人です。

いい女だよ〜りっちゃん、これで17歳。

個人的に、このイベントで私は安住 りつの永遠の味方になろうと決心しましたね。

 

ラスト幸介さんが迎えにきてくれた後、今度は幸介さんが不安になったり、恋人としての云々を求めてるのがまた良かったです。

まぁ好きな女にまた逃げられたら困りますからね!

なんだかんだぎこちなくて可愛いカップルです。

 

あと後日談のパーラーでのイチャイチャは素直に可愛いです。二人に必要なのはお互いを理解し合い想い合うことです!!イチャイチャしろ!

 

まとめ

私は基本的に乙女ゲームの主人公に対して父親・母親ポジションで接しているので、相手である攻略対象の男たちに求めてるのは「どれだけ主人公を幸せにできるか」なんですけど幸介さんは論外ですね。

りつ子、そんな野郎はやめろ。

でもまぁなんでしょう。

私が言えることではないのでりっちゃんは幸介さんをハチャメチャに振り回しつつ、幸介さんはそんなりっちゃんの尻に思いっきり敷かれつつお幸せにお過ごしください。

幸介、絶対おりつを幸せしろよ!

 

 

 

ここだけの話、ED直前のイベントガチギレ幸介さんイベあったじゃないですか。

あとイベントはラスト、幸介さんがりっちゃんは自分のために「弥島」を売ったって気付いた後に「返事をしなければな」って場面で切れるんですけど、

私あれバッドエンドかと思って焦りました。

ED曲が凄い物悲しいし……

ハッピーエンドで良かったんですけど!

 

社蓄 梶原景時に救いを

久しぶりの更新です。

九郎さん、譲くんと続いて景時さんの恋愛エンドを終わらせました。

3人終わった感想はまず……遙か3難しい!

アホなので先人たちが残して下さった攻略ネットで見て迷ってウロウロ。そこで攻略本を買ってプレイしてるんですが、攻略本を見ても難しい。共通√の確認、そこから恋愛イベントの確認、他ルートに行かないように選択肢の確認。そして円陣の組み方、親密度の組み合わせetc…頭使いますね……もうほんとバカなんでバットエンド回収したいのに育成大好きだから育てきって、バット回収できなくなったりとか…(ヒノエくんの例のあれ)

読むだけゲーに甘やかされきった乙女ゲーマーには難しい。もっと操作が複雑なゲームやってたりするはずなんですけどね(笑)

でも作業とアクションゲーは別かな。でも作業ゲー大好きマゾなので問題なし。

 

3人やってシナリオの感想としては

遙か3は乙女ゲームではないな、です。乙女ゲームというより大河系?いや、燃えゲー。

cp萌えというより感動しています。

望美ちゃんとの関係は恋、よりは絆だし愛かな〜〜って感じですね

流石名作と言われるだけある作品だと3人攻略して思いました。キャラクターの描き方や、史実と混ぜて作られたシナリオの面白さ美しさ、ライターさんには脱帽です。

 

以下ネタバレ

景時恋愛エンド感想

まず、暗くて重いね!ウン!

まとめると「上司による過酷な労働!家族か!?仲間か!?究極の選択!!!上司と仲間の間で心をすり減らす社蓄を救いつつ尻を叩く春日望美!」って感じ!!

※個人の感想です

 

Twitterで散々闇が深い、カウンセリング恋愛、カウンセリング四天王って呼ばれていたので構えてやりましたが譲くんの四天王呼びは???って感じでしたが景時さんは納得のカウンセリング恋愛でした……

この√の望美ちゃんは景時さんを信じて、信じて、傷付いた心を優しく包んで、逃げないように追いかけて、そして時には厳しく背中を押す…景時さんの全てを理解し包み込む、女神…

しかし、同時に「お前を信じる俺を信じろ!」を地で行く恐ろしいおなご…

遙かなる時空の中で3 梶原景時√は実質天元突破グレンラガンです。春日望美はカミナ

 

茶化して書きましたけどま〜抱えてるものが重かったですね…(ネオロマ的には)

なんとなくわかってましたけど!

それにしたって個別八章のタイトルが「血塗られた手」な男。ヤバくない?梶原景時

 

 私、勝手にネオロマンスの男性はすごい健全な精神の持ち主ってイメージを持ってたのですね(遙か6プレイ済み)。でも、ぶっちゃけ景時さんは彼らとは違ってすごい弱い人だなって思いました。

弱いって言っても人として当たり前の弱さであって、繊細というよりかは優し過ぎ・縛られ過ぎて弱り切ってるって感じ。

他の攻略対象たちに比べてあまりにも普通でいい人なんですよ梶原景時。ちょっと弱気だけど。そこは愛嬌。

すごく優しくて、常識的で、自己犠牲的。責任感が強く、すぐに自分を責めてしまうタイプ。そして何より、周りによくも悪くも縛られてしまう人というのが私の景時さん像です。

景時さんは頼朝から「戦奉行」という立場を与えられ、戦だけでなく「暗殺」という汚れ仕事もやってるお兄さんです。この時点で重いね〜〜
でも、景時さんは普通の優しい人なので人を殺すことに罪悪感を感じてしまいます。非情になりきれず、かといって家族と一族を人質に取られているので裏切るわけにもいかない。

でも信じてくれている仲間を裏切りたくはない。でも頼朝には逆らえないから仲間を裏切るしかない……けど、どうすることもできない。そして、それは自分が弱くて臆病なせいだと責めて葛藤、心をすり減らす。そしてこれを恐らくいつも繰り返してる最悪の悪循環。心はもうボロボロ。

そして、こんなことになってるのを九郎と家族は絶対知らないし、気づかない。世間は自分を「裏切り者」と呼ぶし、暗殺の件を知ってる人間からは忌み嫌われる。

鎌倉幕府の犬、梶原景時

社蓄 梶原景時、なんて可哀想なんだ…!

 

闇抱えてるけど、めちゃくちゃいい声の優しくて軽くて押しに弱そうなお兄さんっていうのが景時さんのプレイ前イメージだったんですが、景時さん√をやった後は会社(鎌倉幕府)の上司から脅迫されながら心をすり減らす可哀想すぎる社蓄って感じになりました。

胃に優しい食べ物食べて欲しいです。あとヘソ出すのやめたほうがいいよ。お腹壊しちゃう。

大体イベントに「負け犬人生」っていう名前があるってヤバくね?なんなの?本当にCERO Bの乙女ゲームの攻略対象なの????

この人は本当に可哀想って言葉が似合うと思います。茶化して書いてますけどまったく笑えね〜〜

 

個人的に景時さんの弱さがよくわかる、この人普通の優しい人なんだなと思ったのは銃のエピソード、囮、アナザーエンドあたりですかね……

あと、生田神社で迷った望美ちゃんを助けた時褒められて照れるところなんかは景時さんの性格がよくわかるなって勝手に思ってます。「景時さんさんはダメなんかじゃないです」からの「ちょっとくらい自分もできるって思っていいのかな?」って…おまえ…おまえ…

なんかもう自分が卑屈な人間なので、わかりすぎてつらかったです(KONAMI

 

「全てを捨てて逃げて欲しい。君がいればオレは…」っていうあのイベントも景時さんの弱さがよくわかりました。だって他の攻略対象はあんなこと絶対言わないですもん。

景時さんは普通の人なんです。怖いから怯える、従う、つらいから逃げたくなる。あんな状況になったら私だったら迷わず逃げますよ。今までも暗殺の任務をこなしてきたけれど、次は大切な人を殺せって言われたら逃げますよ。大切な人を連れて。

でも他の攻略対象はしないんだろうなぁって。九郎さんだったらまず望美ちゃんと相談して、結果逃げずに迷わず望美ちゃんと殴り込みに行くだろうし、譲くんだって恐らく望美ちゃんのこれからを確実に守るために立ち向かうでしょう。でも景時さんはそれは無理だから、「逃げようよ」というのが精一杯。

しかも、震えて怯えながら、自分より10も年下な女の子に縋り付いて言うんですよ。ヤバイですよ。

ここで最後の最後で家族でも仲間でもなくて、大切な人の命を守ることを選ぶのも景時さんらしいなぁと想います。

 

で、アナザー1は2人で逃げるエンドなんですが逃亡後景時さんずっと謝ってるんですよね。

つらい思いさせてはごめん。こんなことになってごめん。俺が逃げたせいで君に逃げようって言ったせいでって。ずっと自分を責めてて。

家族を置いてきた罪悪感逃げ出した自分への嫌悪感。梶原景時の心はさらにズタズタに…

きっとあのエンド後の2人は、何をするにも謝って許可を求めてつらいこと悲しいこと全て望美ちゃんに救いを求めて縋り付いてごめんねと謝る景時さんと、謝らないでという望美ちゃんという会話が繰り返されて。景時さんはあらゆることで苦しむし、望美ちゃんは「自分が選んだからいいんだよ」って以前の景時さんみたいな笑顔を浮かべながら言うんだろうなぁ…まで想像しました!

アナザー2は望美ちゃんが拒否して景時さん1人で逃亡するエンド。で、景時さん捕まって処罰されるんですが「よかった、もうこれで誰も殺さずに済む…」っていうんですよ。これが景時さんの本音ですね……

個人的にこの選択肢の景時さんは罰せられたかったんじゃないかなって思います。仲間を裏切った罪、人を殺した罪……罰せられることで心が安らぐこともありますから。

あと、アナザー2を見た後に景時さんが武器に銃を選んだのは失敗しないようにもあるだろうけど、自分の手で直接殺すことが耐えらないからじゃないのかなって思いました。

あんまり関係ないですが、臆病だからこそお前は人を殺した時の悲鳴と感触を覚えていなければないらない、というパンシザのランデルを思い出しました。

 

√を攻略して思い返して見ると、景時さんは自分を信じてくれる誰かを待ってたんじゃないかなって思います。じゃなかったらあんなに簡単に望美ちゃんにこぼしたりしないと思う。

もうすでに限界だったのかなって。

誰かに気付いて欲しかった、誰かに認められたかった、誰かに信じて欲しかった。誰かに救って欲しくて、きっと心のどこかで希望を信じてたと思います。景時さんはきっと1人じゃ強くなれないタイプ。

先進国十数国の若者を対象にした自己肯定感・自信のアンケートがあるんですが、そこで日本人はめちゃくちゃ自己肯定感とが低く、自信がない民族だという調査結果が出ているんですね。景時さんは圧倒的典型的な日本人ですね。

私なんかそうですが、自己肯定感が低い人は誰かに褒めてもらったり優しくしてもらえるだけでものすごく救われた気持ちになります。誰かがいないと自分が認められない時もあります。だから景時さんにはその認めてくれる「誰か」ができて本当によかったな〜って思いました。

乙女ゲームにはヒロインじゃなくてもいいだろっていう攻略対象もそこそこいるんですが、間違いなく景時さんは望美ちゃんじゃなきゃダメなタイプ。

何も知らないからこそ、普通の女の子だからこそ景時さんだけをまっすぐ見つめて、景時さんを救ってあげれたんじゃないかなぁって。

 この時代の女性だったら武士ならしょうがないで済ませる気がしますね。今の印象だと、朔ちゃんは自分のことで精一杯な感じなのでたぶん

 兄を慰めたりできなさそう。

忠度さんが志度浦戦前で「武士は一門のため死ぬことしかできない」って言っていたように、この時代の武士ならば一門のために死ぬことは当然なのでそれほど同情されなさそうな感じがします。景時さんもまた武士なので一門のために死ぬんでしょう。それが運命上書き前エンドだし、逆鱗使った後に「それでもいいな」って景時さんはいいますし。

九郎さんなんかはきっと怒ると思うんですが、まー九郎さんは気付かないと思いますし……

弁慶さんは気付いてる・知ってるでしょうが、だからと言って景時さんを救うタイプじゃない。と個人的に思ってます。

 

 

まぁなんだかんだあって、こうして景時さんは春日望美に抱かれたのであった。そしてハッピーエンドに……

長くなったので締めます。

いろいろ言いましたが景時さんは「誰か」がいれば、信じてもらえれば強くなれる人です。望美ちゃんと掴み取った未来で幸せになってください!

 

 

 

 

話は変わるけど景望、遙か3の本命候補だったんですが本命ではなかったです!なんかそんな感じはしてた!!!!

私、可哀想な人に惹かれやすいんです。特にその人じゃなきゃ救われないみたいなタイプに弱くて……すぐ同情して、感情移入してしまうんですね。

(いい例 Collar×Malice 白石景之、Code:Realize  サンジェルマン、灰鷹のサイケデリカ レビ、遙かなる時空の中で6  片霧秋兵)

ただ、これ自分でもハッキリわかってないんですが可哀想+何かの要素が必要らしく。今回は発動しませんでした。

これが発動すると問答無用で最萌になります。だいたい。

(発動しなかった例 三国恋戦記 雲長、黒蝶のサイケデリカ 紋白)

 

で、景時さんの場合なんですが。景時さんの場合、別の私が興奮しました。

可哀想な人が好きっていうのにも大雑把に分かると2種類あって、可哀想な人に同情してしまう。救われて欲しい。幸せになって欲しいってのが1つめ。

で、もう1つが可哀想で惨めな人が痛めつけられ、支配されているのに興奮するっていう…

景時さんには本当に本当に同情してるんですけど、でも②の私が反応してしまってですね……あのアナザー2がいけなかったんです。興奮してしまいました…許して……

ほぼ死にかけまで痛めつけられて、で言う言葉が「よかった。これで誰も殺さずに済む」ですよ?可哀想すぎて興奮しますって。

圧倒的力によって「モノ」が壊され、虐げられ、苦しむ様子に興奮するんです。人でも物でも……加えて悲劇が大好きで、美しい悲劇になればなるほど好きなんです。物語として美しいものであればバットの方が好きなゲームも普通にあるくらい。

壊されたモノが死にたくないと足掻いてりすると本当にダメですね!!

正規ルートの「銃口を〜」のイベント、あれ本当に望美ちゃんを殺してしまうバットないかなぁ、なんて。

※追記

魔弾を習得しないと起きるバットがあるらしいです。やります

 

殺してしまった望美ちゃんを抱きかかえる景時さんを笑いながら政子様に殺して欲しい。「家族だけは助かると…ッ」って血反吐を吐きながら絶望する景時さん。そして意識が薄れて行く中「ごめんね望美ちゃん」と呻き続ける梶原景時……まで想像しました!

どうですか、ネオロマンスさん。一度えげつないバットエンド作ってみませんか?

 

子どもとか、弱者が強者によって虐げられることに物凄い憤りを覚えるんですが、二次元の場合逆に興奮してしまうことがあって自分でも矛盾にしてるなぁって思います。

 

梶原景時、ゴメン……でも幸せになって欲しいのは本心だよ!!!!!!!!

遙かなる時空の中でultimate 1週目

雑な感想

 

去年の11月に発売されました「遙かなる時空の中で3 ultimate」ようやくはじめました〜!

ただいま三人目を誰にするか悩み中。

乙女ゲーマーなら知らない人はいない伝説の作品「遙かなる時空の中で3」

前々からプレイしたくて移植されたら絶対買おう!と思ってたところに情報が来て飛びつきました!トレジャーボックスを即予約。

で、まったくプレイせずに発売日から半年以上たってしまった!やー月日が流れるのは早い、そして積みゲーはなくならない!

 

ネオロマは「遙か6」で初体験を済ませておりまして、はるろくの出来が良かったのでこれ以上と評判の「遙か3」への期待度はMax。

実際、現在進行形でとても楽しいです。

 

選択肢も少ないし、戦闘もしんどくないためサクサク進むので1週目はすんなり。

戦闘が楽しくてついつい戦いすぎてしまったけど時間もかからずクリア。

 

あれですね!例の1週目の強制全滅エンド聞いてたんですが本当にみんな死んだ……

福原あたりからいきなり重くなる!加えて乙女ゲームで攻略対象がみんな死ぬ。すげ〜〜〜つれ〜〜

当時プレイしていた乙女たちの気持ちを考えると心が痛みます。

でも悲しかったけど全滅エンドに涙は出てきませんでした。てっきり悲しくて泣くかもなぁって思ってたのでなんだか意外で、

代わりに「絶対にこの男たちを助ける」っていう強い使命感に生まれました。いまも燃えています。

すごい、遙か3、燃えゲー。

 

 

「私は運命を変える。望美ちゃんと一緒に救ってみせる。望美ちゃんも、みんなも

悲しみじゃない、心に燃えるのは使命。望美ちゃんの手を取って」

※プレイ直後のツイート

 

 

全滅エンド直後でキャラみんな好きになってたので流石老舗ネオロマって感じです。

誰か1人どうでもいいとか気にくわないとかなくてみんな好き。

地の文が少なく、メインは会話。でもストーリーがしっかりしているので、躓くことも?になることもなく進んでいくので流石ネオロマ。乙ゲー伝説作品「遙か3」

会話文がメインなおかげでテンポがとてもいいと感じました。進めていて苦痛になることがありませんでした。

逆に言えばちょっと軽くもありましたが、それはそれ、とても楽しめていますありがとうございますネオロマンス

 

 

 

振り返りメモ

1週目 の印象・本命⚪︎✖️

◇ヒノエくん  ただひたすらに興奮する。好きだかっこいい 高橋直純神   本命でもおかしくない

 

◇九郎さん  すごいブラコン、キャラソンが乙女ゲームじゃない   本命✖️恋愛できんのか?

 

◇将臣くん どう考えても還内府殿、しんどい。三木眞一郎の震え気味の笑い声に落ちない女はいない  本命✖️

 

◇弁慶さん  いい人にしか見えないけど確実に面倒な人 、カウンセリング四天王の一角 謎

本命✖️

 

◇景時さん  井上和彦ってなんでこんなにいい声なんだろ〜な〜〜!!!!!!!カウンセリング四天王の一角、闇闇闇闇闇 社畜

 本命候補 no.1 ○

 

◇譲くん 可哀想……先輩大好き 愛が重い

本命✖️だけど気になる

 

◇敦盛さん  アイドルめっちゃかわいい、健気かわいい、とにかくかわいい

本命…○?でも絶対好き、本能が呼んでる

 

◇リズ先生  石田彰石田彰である以上嫌いになることは絶対ありえないがしかし、石田彰だからといって本命になるとは決して言えない

カウンセリング四天王の一角

 

◇朔   超いい子絶対幸せになって欲しい。望美ちゃんとのお姉さん妹感たまらん

本命○男より女が強いゲーム、ある意味一番ありえる

 

◇銀  えっちなお姉さん、ただただエロス

本命✖️まだ何もわからない

 

◇知盛   ヤバイ男、後半間違いなし、女のために街を焼く

本命…△

 

 

長くなったのでわける

 

 

ブログ作ってみた

乙女ゲームの感想ブログを作りました。

何故作ったかというと

・自分の感想をハッキリ残してゲームに対する考え・解釈をまとめておきたかった

・すぐ記憶喪失になるので思い出すために記録しておくために

といった感じです。

 

こうして本格的にブログをやるのは中学、高校生ぶりでしょうか、約10年ぶり。

ちなみにブログをやっていた当時は今は亡き「クイン◯ゼ」ユーザーで「アリス」を追っかけてブログを書いてました。

乙女ゲームやめらんねぇ……

当時はサイトが更新される度にスチルについてああだこうだ、バナーを貼りまくり感想をああだこうだ…

 

今とあんまり変わりませんね。

人間は成長しません👊

 

このブログに書くことは

感想、解釈、燃え、叫び、期待、レビューなどなど

乙女ゲームに関することをぼちぼち書いていけたらなぁと思っています。

 

最後に、このブログに書くのは全て私の個人的な意見です。

私はこだわりや好みが強く、批判や不満を述べることも多いと思います。

過激派乙女ゲーマー・モンペの一面も持っている自覚があります。

解釈違い等で不快にさせることもあると思います。

ですがこれはあくまで私個人の感想です。

私の解釈は完璧ではないし、他の方の解釈や楽しみ方を否定するものではありません。

 

 

読んでくださる方がいるかもわからないけれどぼちぼちやっていけたらな、と思います。